Service 2020.07.27
吉川トリコさんの人気小説のコミカライズ「マリー・アントワネットの日記」が連載開始!

~作画は「私の性癖に迫られてます。」の人気作家・二ノ宮陛下さんが担当~


NHN comico株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:武者正昭)は、当社が提供するマンガ・ノベルサービス

『comico』(iOS/Android/WEB版)において、7月27日より月曜連載のオリジナル作品として、悲劇の王妃として知られるマリー・アントワネットを主人公とした「マリー・アントワネットの日記」がスタートしましたのでお知らせいたします。
5

1770年1月1日、14歳でオーストリアを離れ、フランス王室に嫁ぐことになったマリー・アントワネットはありのままの気持ちを残すべく日記を綴り始める。誰に見せるでもなく鍵アカで、それもハイテンションな今風のギャル語・ネットスラングを駆使しながら……。本作は吉川トリコさんの人気小説のコミカライズで、作画は現在、「私の性癖に迫られてます。」を連載中の人気作家・二ノ宮陛下さんが担当しています。


【作品概要】
3◆作品URL:https://www.comico.jp/articleList.nhn?titleNo=29820
◆作品タイトル:マリー・アントワネットの日記
◆作画:二ノ宮陛下(原作:吉川トリコ)
◆ジャンル:ドラマ・コメディ・エッセイ・歴史・時代劇
◆連載開始日:7月27日(月)から月曜連載作品として毎週更新
◆コピーライト: ©二ノ宮陛下・吉川トリコ/comico・新潮社


【あらすじ】

はーい、あたしマリー・アントワネット! 歴史上もっとも炎上した、プリンセスインフルエンサー! 
もはや誰にも心を預けられないヴェルサイユであたしの心のうちをあなただけに暴露していくね☆


吉川トリコ『マリー・アントワネットの日記 Rose』『マリー・アントワネットの日記 Bleu』(新潮文庫nex / 新潮社刊)をコミカライズした、オーストリアからフランス王室に嫁いできた、普通の女の子の普通じゃない日々のつぶやき!


【主要キャラクター】

●マリー・アントワネット

1歴史上もっとも炎上した、プリンセスインフルエンサー!
このマンガの中ではSNSを使いこなす。


【comicoとは】

縦スクロール形式やフルカラー表現など、スマートフォンに最適化した閲覧環境が特長のマンガ・ノベルアプリ(iOS/Android/WEB版)。多彩なジャンルのオリジナルマンガとノベルに外部IP作品を定期掲載しているほか、ストアでは61,000作を超える各出版社の人気作を配信中。台湾、韓国、タイ、スペイン語圏、ベトナム、米国、カナダ、シンガポールの海外でもサービスを展開し、世界累計のダウンロード数は3,500万件を突破中。


◆サービス名:comico(コミコ)
◆サービス開始日:2013年10月31日
◆利用料金:基本無料
◆世界ダウンロード数:3,500万ダウンロード
◆国内ダウンロード数:1,900万ダウンロード
◆国内公式マンガ連載作品数:541作品 
(2020年6月末現在)
◆国内公式ノベル連載作品数:74作品
(2020年6月末現在)
©NHN comico Corp.


<App Store ダウンロードページ>
https://itunes.apple.com/jp/app/id721512660
<Google Play ダウンロードページ>
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.comico


※ Android、Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※ iPhone、iTunesおよびApp Storeは米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※ 記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。